ひまわり助産院

0566-27-3613
電話受付:平日8:30~14:00
急患の場合は時間外でも可能な限り対応しています。

文字サイズ

母乳外来について

母乳のトラブルで悩んでいませんか?

  • 「おっぱいが出ない」
  • 「乳首や乳房が痛い」
  • 「乳房にしこりができてしまった」
  • 「張っているがうまく出ない」
  • 「赤ちゃんがおっぱいをうまく飲めない」
  • 「おっぱいをやめようか迷っている」

と、お困りの方はいらっしゃいませんか?

特に、母乳外来に関してはトラブルが大きくなる前に早期に来院されることが早く解決していく鍵になります。
悩んで時間が経ってしまう前に一度お電話ください。

「母乳育児をスムーズに始めるこつを知りたい」という妊婦さんには、出産前のおっぱいのお手入れについてなどお話しをしていきます。

直接授乳がきちんとできていないと‥

  • 赤ちゃんにおっぱいをしっかり飲み取ってもらえないため、お胸の張りが取れにくくなります。
  • 母乳が残った状態が続くので、母乳が出にくくなってきます。
  • 母乳の量が、赤ちゃんが欲しい十分な量まで増えていきません。
  • 乳腺炎を起こしやすくなります。
  • 飲まれる時に痛んだり、乳頭に傷が出来る事があります。

ひまわり助産院ではおっぱいのプロである助産師母乳の飲み方の指導もさせていただいてます。そしてそれぞれに合った解決策をお伝えしています。
赤ちゃんは浅い飲み方に慣れてしまいますので、一日も早い受診をお勧めします。

診療時間

完全予約制です。

診療時間 9:00~14:00
電話受付時間 8:30~14:00
☎0566-27-3613
*急患の場合は、時間外でもできる限り対応しています。

マッサージに来院の際の持ち物

  • 母子手帳
  • バスタオル 2枚
  • タオル 5枚(うち白いもの2枚以上。できれば厚手でないもの)
  • ビニール袋(濡れたタオルを持ち帰るため)
  • 哺乳瓶(いつも使っているもの)
  • アイスノン(母乳を搾った時に持ち帰るためのもの)

赤ちゃんを連れて来院することが出来ます

  • お母さんがマッサージ中は、赤ちゃんはベビー布団やバウンサーで、メリーやビデオを見ながら待っていただく事ができます。
    但し、他の赤ちゃんやお母さんに危害を与えるような大きいお子さんや、 風邪をひいている方の入室は、お断りしております。
  • お子さんが泣いてしまい、お母さんのマッサージが出来そうもない場合は予約時にお申し出ください。
  • 男性は別室でお待ちいただいております。
  • 出張による母乳マッサージも行っております。 予約時にお申し出ください。
  • 完全予約制です。赤ちゃんを連れてみえる方が多いため、ご協力お願いします。
外来① 外来②
外来③
外来⑥ 外来⑤

奥の2人は双子ちゃんです。

お母さんが母乳マッサージの間、遊びながら待っています!

「お母さん、私を母乳で育ててくれてありがとう!!」
お子さんが離乳食を食べるようになってからの母乳メンテナンスもおススメです。体重測定や母乳マッサージを受けながらの離乳食相談もできます。経験豊かな助産師がお子さんの成長を一緒に考えてお話ししていきます。

外来4

動画です

家とは違うおもちゃに必死な様子がとってもかわいいです。

外来5

まだ赤ちゃんが小さい方へ

ご出産おめでとうございます。
母乳育児はスタートが大事です。
とりわけ退院後から1ヶ月健診までは、今後の母乳量を決めるのにとても大切な期間です。
中には産院の母乳外来で、なんとかしのいでいる間に、時期を逸してしまう場合も!?
一日も早く母乳専門の施設「ひまわり助産院」に受診ください。
お母さんのご希望に合った方法を私たちと一緒に考えていきましょう。
受診などの相談はまずお電話から。
☎0566-27-3613お困りの方はどうぞお電話ください。

社団法人 日本助産師会 会員 助産師 野々垣 寿美子

診療時間9時から14時

土曜:9時から11時急患のみ対応
日曜祝日:お休み